車の調整をするとき知っておくと便利なこととは?

自動車のエンジンは、シリンダ内でガソリン等の燃料を爆発燃焼させてピストンを上下に駆動させ、そのピストンの運動を、クランクシャフトの回転運動として取り出しています。

シリンダ内では、ピストンを上下に往復移動させながら、混合気の吸気行程、混合気の圧縮行程、爆発行程、排気ガスの排気行程の4つのサイクルを繰り返し行います。
これらの4つのサイクルの間に、クランクシャフトが2回転します。
シリンダの上部には、吸気行程用の吸気バルブと、排気行程用の排気バルブとが設けられています。
吸気バルブと排気バルブは、それぞれ、吸気カムと排気カムによって適切なタイミングで個別に開閉駆動されます。

吸気カムと排気カムを回転させるカムシャフトは、クランクシャフトに連結されており、クランクシャフトが2回転する間に、1回転するようになっています。
つまり、クランクシャフトが2回転する間に、吸気カムと排気カムがそれぞれ1回転します。
吸気カムは、排気行程の終了直前に吸気バルブを開いて、混合気をシリンダ内に吸入させ、圧縮行程の前に吸気バルブを閉止します。
排気カムは、爆発行程の終了直前に排気バルブを開いて、爆発行程で発生した排ガスをシリンダから排出させ、吸気行程の前に排気バルブを閉止します。

コメント

コメントを受け付けておりません。