車の調整をするとき知っておくと便利なこととは?

クーラントとは、自動車のエンジンを冷却するための液体のことです。
自動車のエンジンは内部で、動力を発生させるために爆発を繰り返していて発熱します。
この発熱をそのままにしてしまうと、すぐにオーバーヒートしてしまうこととなって、エンジンが壊れてしまいます。
この発熱したエンジンを一定の温度に維持するために、エンジン内で発熱した熱を吸収して、ラジエーターまで運び熱を放出すると言う重要な役割を担っています。
この熱の運搬係とも言える役割には色々な性能も求められるため、気温が低下しても凍結しないように不凍性能や熱の運搬が効率よく行えるための冷却性能、長く使ってもサビが発生しにくい防錆性能などの性能を濃度によってコントロールできると言う特徴があります。
熱を吸収して運搬し、熱を放出すると言う作業を繰り返して行うことでエンジンを冷却しているのですが、1回の行程で、多くの熱をすばやく吸収して、吸収した熱をきちんとすべて放出できる冷却性能が必要になりますし、冬場などに気温が低いと凍ってしまう可能性があります。
凍ってしまうとラジエーターコアやシリンダーなどを傷つけて損傷させてしまうことになるため不凍性能も重要な性能です。

コメント

コメントを受け付けておりません。