車の調整をするとき知っておくと便利なこととは?

燃料比とは

カテゴリー 未分類

自動車の燃料比とといえば空燃比のことを言います。
空燃比とは空気の重量を燃料の重量で割った際に出される数値のことで、自動車のエンジンでは重要な数値となってきます。
燃料はそれだけでは完全燃焼することはできませんので、混合気と呼ばれる空気と混ざり合った状態で使用されます。
空燃費には理論上の理想値があり、レギュラーガソリンでは1対14.7が理想値となっています。
理想の空燃比よりも燃料の比率が多い場合にはリッチと呼ばれ、逆に少ない場合にはリーンと呼ばれます。
理想的な空燃比がもっともよい状態となりますが、出力を向上させるためには燃料を多く燃焼させる必要があります。
逆に燃費を良くするには燃料を薄く空気を多くする必要があります。ガソリンエンジンでは燃焼によって有害な排気ガスを排出しますが、理想の空燃比を実現できれば完全燃焼が可能ですからクリーンな排気ガスにすることが可能です。
空気の量は温度によって左右されるため、夏場の気温の高い時期には空気が不足してしまいます。
現在の車は電子制御ですから、空気が不足する場合には燃料の噴射量を下げて理想的な空燃比に近づけるように制御されるため、気温が高くなると燃費が良くなります。

コメント

コメントを受け付けておりません。