車の調整をするとき知っておくと便利なこととは?

燃焼室とは

カテゴリー 未分類

燃焼室はエンジン内部にある燃料を燃焼させるための空間のことをいいます。
この空間はエンジンの種類によって構造はそれぞれ異なりますが、一般的な自動車に採用されているガソリンエンジンにおいては、ピストンが上死点に位置する際に生まれるシリンダーやシリンダーヘッドに囲まれた空間のことをいいます。
この空間へは微粒化されたガソリンと混ぜ合わされた空気が吸気バルブを通じて供給され、その空気をピストンで圧縮して温度を高め、さらに空間内部に設置された点火プラグによって着火することで爆発が起こります。
ガソリンエンジンではその爆発によって押し下げられたピストンが連結されたクランクシャフトを回転させることにより、エンジンが駆動する仕組みとなっています。
なお、この燃料を燃焼させるための空間は、その広さや形状によってエンジンの圧縮比が大きく変化するため、エンジンの出力や燃費といった基本性能を決定付ける大きな要素の一つとなっています。
ガソリンエンジンが開発された当初は、平たく横方向に長い空間形状を採用したエンジンが主流となっていましたが、研究によってこの形状は燃費効率があまり優れないことが判明し、その後はバスタブ型や楔型、半球型など様々な空間形状のものが開発されるようになりました。

コメント

コメントを受け付けておりません。