車の調整をするとき知っておくと便利なこととは?

皆さんは愛車をしっかりと車検に通して乗っていますか。
当たり前のことですが、日本には道交法という法律が制定されており自動車整備検査をクリアしていない車は公道を走ることは許されておりません。
理由としては整備不良などが原因で自身はもちろんのこと、通行人や他の運転者、建物等の公共物を破損させる事故を起こす可能性があるからです。
主な検査項目はエンジン、ブレーキ、タイヤ、バッテリー関係で特に重要なのがエンジンとブレーキです。
エンジントラブルによるオーバーヒート、ブレーキの利きが甘くなるなど大事故に繋がる可能性が高い部分です。
一昔前まで検査には非常に高額な費用が掛かっており、自動車を乗る人たちの悩みの種でした。
しかも新車から10年以上経過したものについては毎年の検査が義務付けられており、中古車を手放す結果へと繋がっていました。
その結果、自動を乗り捨てる人が増え、環境悪化の原因に繋がったため、法改正により検査期間を長期化することになりました。
さらに多くの業者が規制緩和により検査業務に従事できるようになったため、価格競争が起き、以前よりもかなりの低価格で検査を受けることが出来るようになりました。
安全運転をするにもまずはしっかりと車を整備することが大前提となります。

コメント

コメントを受け付けておりません。